航路情報

三河湾

三河みとマリーナ→ラグナマリーナ
34 48.980N 137 13.690E→34 48.350N 137 17850E

艇を留める位置の詳細はGoogle Mapで航空写真を選択し、拡大
Google Map 三河みとマリーナ→ラグナマリーナ 2019.10.27
Google Map蒲郡東港→三河みとマリーナ 2019.10.27


                          
泊地情報: 
三河みとマリーナ    
ラグナマリーナ

BLOG
三河湾を代表するマリーナ、ラグナマリーナへやってきました 2019.10.27

三河みとマリーナ→ラグナマリーナ
0.9マイル。

航路情報:2019.10.27

ラグナマリーナに電話を掛け1泊の料金を確認。

予定していた5200円。それも税込み5200円だった。

宿泊は止めて、移動しますと連絡。

少し早めの昼食。

洗濯ものを洗濯機から取り、出し、出港。

 

三河みとマリーナ→ラグナマリーナはたったの0.9マイル

ゲストバースはマリーナに入ってすぐ長く突き出たポンツーン。

契約艇の櫛状のポンツーンとはズット離れている。

左右どちらも留められる。

留めている艇は日曜だけど1艇もなし。

三河みとマリーナもラグナマリーナもゲストなど先ず来ない感じだった。

ラグナはマリーナ以外に色々な施設もあるアミューズメントパークであった。

日曜なのとイベントもあるらしく家族ずれで大変な賑わい。

あまりにも巨大なでとても全体を把握できない。

マリーナに付属するのではなく、マリーナもありますの位置付け。

風呂は別の経営で遥か遠くで1000円。

無料のシャワーが24時間使える。

 

ひと段落したところで、食材仕入の為30分間隔で出ている無料バスで蒲郡へ。

きのう確認した大きく品物豊富なサンヨネとメチャ安、果物野菜店で仕入れる。

戻って17時10分明るいが薄暗いと言う方が妥当か。

あわただしい一日であった。

ラグナマリーナへ移るまでの三河みとマリーナでの顛末

蒲郡東港から三河みとマリーナまで、5マイル。

港内でメインを揚げ、8時10分スタート。

何処に行くのか、三河みとマリーナから何艇もヨットが出てくる。

皆、セイルカバーを着けたままで進んで行く。

 

三河みとマリーナ近辺は浅瀬があり正確に針路をとる必要がある。

マリーナへの進行方向を示す赤ブイ、緑ブイは良く見える。

入口に赤灯台。

 

ゲストバースは真ん中あたりにあるが、

予約を入れた時、現在は使えないので、別の場所を指示します、とのこと。

確かに、ゲストバースには左右の大型艇から何本も舫いが取られていて、

接岸出来ない。

掛かりの女性がここですよ!と立って接岸ポンツーンを教えてくれる。

ゲストバースの右の長いポンツーンに舫い完了、9時半。

片付けを終え、寄港手続き。税込み2750円。

受付の男性が施設を案内してくれる。

全体に明るく清潔で気持ち良いマリーナだ。

なにしろ大きな艇が多いのに驚く。ヨットもモーターボートも大きい。

全体を一巡し、写真も撮り、艇に戻りつつあるとき、

受付担当の女性から西郷さんと声が掛かる。

事件勃発。

ナント、泊まりの場合は7700なんです。

受け付けた男性は係りの人でないので間違いました、申し訳ありません。

とのこと、えー三河湾で1泊7700円、考えられない。

三河みとマリーナの公式ホームページに確か、2500円/1日とあって、

7000円の表示は見なかった様に思う。

しかし、担当の女性がわざわざ言いに来るぐらいだから

間違いでは無いのだろう。

綺麗な風呂に入れるのは宿泊者のみとのこと。

どうするか、検討して連絡しますと伝える。

急いで、無料の洗濯機で洗濯。

綺麗に分別指示のあるそれぞれにたまったゴミを処理。


ウエイポイント、航路、トラック
直線は設定航路、曲線(ブルー線)実際の航跡です。

MITORAGU(三河みとマリーナ→ラグナマリーナ) 0.9nm
SPEED:5kt FUEL3L/h
WAYPOINT LATITUDE
LONGITUDE
BRG
M
LDST
nm
TDST
nm
TIME FUEL
MIKMIT(三河みとマリーナ) 34 48.350N
137 17850E
MIKMI1(三河みとマリーナ1) 34 48.100N
137 17.600E
227 0.3 0.3 0:03 0.2
RAGUNA(ラグナマリーナ) 34 48.250N
137 16.970E
293 0.5 0.9 0:10 0.5